« September 2005 | Main | November 2005 »

October 31, 2005

オキナワ(序)

仕事サボったツケを埋めるのにここまでかかってしまった…そして気が付けばもう11月、うわぁ~年末ですよ、ネンマツですよ!ネ・ン・マ・ツ!オキナワから帰ってきたら急に寒くなったしねぇ…風邪も引きますよ、ええ。そりゃあもう。

というわけで、オキナワの話…の前の話。
初日は7時品川集合だったので、余裕をもって蒲田前泊。の、つもりだったのに~新宿でカレー喰った後に10時過ぎまで都庁の最上階のバーで酒呑んじゃったりして~。いきなり新宿プリンスに行きたいっていう韓国人に声掛けられちゃったりして~。必殺単語イングリッシュで乗り切る。ディスウェイ!そこから列車乗り継いで蒲田INは11時半。風呂入って寝たのは12時半。そして朝は5時半起き。眠いっちゅーの!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2005

今日から出発

●いよいよ明日から沖縄です!沖縄です!オ・キ・ナ・ワ!もうすでに気持ちは南の彼方に行っちゃってぇ~正直仕事になんないッスよぉ~。しかし行程表を見て唖然。明日は羽田7:10集合。アーバンシティ小山からでも、始発出発でもさすがに間に合わない。ので仕方なく蒲田の激安ビジネスに前泊、急遽決定。

●初日は羽田→那覇→宜野湾へダイレクトにキャンプ・イーン!二日目はレンタカーを借りて本島をダラダラ半周する予定でゴザイマス。いやー久々に旅行らしい旅行だな~。いい旅夢気分だな~。ちなみに潜ったりはしません。時間も無いし、紫外線怖いし(ウソ)。ちなみに3日目は午前中に拉致られて昼過ぎには東京。激安ツアー並のスケジュールだ…。仕事しろって事か?(←しないけど)

●先日のシカヲラジヲのなかでユウヒが夢民を熱く語っていたもんだから、ムッショウに喰いたくなっちまったじゃねぇか!!予備校に通ってたころよく喰いに行ってたなぁ…カレーであってカレーでなし。唯一無二のカレーソースで野菜をタンマリ。コレです。…やべぇ~!今日新宿店に寄って行く、急遽決定。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 18, 2005

現状1018

●毎日雨で低調ですが。

●今週末から沖縄、行ってきます。例のアレです。ええ、アレ
初めての沖縄だからどうなるか分からないけど、レンタカー借りて綺麗な海を横目で見ながらボンヤリドライブしたいでーす。とりあえず、台風はもう戻ってくんなよ!!(次のが来たりして…)

シカヲラジヲ、もう復活しましたね。早ッ!しかもJ-WAVEだし。今度は時間帯も以前とほぼ同じ。そして嬉しい事にあの雰囲気まで同じ!やっぱコレだね最高だね。彼もコレがやりたかったんだよね!そうなんだよね。嬉々として早速に秘宝館の話をしたときは思わず懐かしさで涙目ですよ。選曲も「イヤラシさ」が無いし。毎週録音して聴きます!というか毎晩全部聴きたい!でも眠くて聴けない…

シン・シティ★★★★
トレーラーを観ての期待通りのドギツスタイリッシュさ。好きモノはとことんこのダーク世界に浸るがヨロシ。でもトレーラーで充分という意見があるのも、なんとなく納得。雰囲気ものなのでストーリーは有って無いようなもの。3つの話がところどころ同じ世界で繋がってたりで面白いけど、濃い世界がひたすら続くので思ったより長く感じるし、目が疲れる。ドビャ!!(R-15)ってシーンも多いので(でもモノクロなんでよく分からない(^_^;)デートには不向き。でも新しさは買いたい。そしてやっぱりデルトロ最高!!

●最近ヒマがあるとずーっとプレステの「メタルギア」やってます。「3」買ったら、復習がしたくなって「2」をちょこっとやって、やっぱり最初からやるか、と結局PS1の「1」からブッ通しで(笑)。もう一ヶ月近くやってますが、やっと「3」の後半戦辺り。海外ドラマを通して見ているような感覚になってきた。

●明日は「長年の夢」だったアレをついに受取りにヨドバシ行ってきます!!
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 11, 2005

8月のクリスマス

公式サイト

韓国のホ・ジノ監督(四月の雪)による同タイトル作品を日本のキャストスタッフで再構成した作品。このタイミングでの公開は吉か凶か…?という以前にかなり小規模な配給のようですが…(^_^;

元々の韓国版を観たのが随分前なので、細かいところは忘れてしまっていたのだが、大胆なアレンジは一切なく、というかシーン構成までかなり忠実に再現されていたように思う。まるで俳優だけをそっくり換えて韓国版を上映したかのように…

だからといって、日本版がただの焼き直しだと感じさせないのは、やはり山崎まさよしと関めぐみの存在感によるところが大きいのだと思う。

相変わらず、いつのまにか「山崎まさよし」が演技をしているのを忘れて全く別人に見えてしまう自然さには驚かされる。顔も髪型もそこにいるのは正にまさよしなのに。

関めぐみも最初はかなり表情が堅いので大丈夫か!?だったのが最後は自然で表情豊かになってゆく(演出なのか、実際本人が上手くなったのか)のが好印象だった。ここでの評価が良かったからか?彼女は映画版「ハチミツとクローバー」の山田役(!)に抜擢されたそうな。

この二人のおかげで、韓国版のときにはなんとなく不自然に思えたシーン(警察や、投石の場面)が今回はすんなりと受け入れる事ができた。

もともとは「8月のクリスマス」というタイトルは雰囲気もので特に意味は無かったという話だが、ラストシーンや彼の歌う主題歌の歌詞がそのタイトルに寄り添った形でより自然にテーマに収まったように感じる。

という訳で、どちらが良かったという評価はヤボなのでしないけれど、原作とアレンジ、それぞれの良さが出た作品になったと思う。

ただ、原作がありきの作品なので★★★★で。

| | Comments (28) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »