« サラリーマンNEO | Main | ハズレ »

August 21, 2005

熱湯公使苑

シカオの「夏陰」。聴くほどに味の出てくる、いい曲だと思うんですよ。
彼の曲には珍しい部類の、まだ明るい夏の午後の独特のニオイのある時間帯のイメージ。
「踏み潰したかかと」等の、含みのある詩の世界も嬉しい感じ。

でも例の番組での扱いはちょっと…エンディングでチョロっとじゃあねぇ。肝心のハイライトシーンでは全然関係ない曲ばかりかかってるし。あれじゃあこの曲の持つ切なさ(=刹那さ)が全然伝わってこないと思う。

毎日かかるだけ有り難いと思え!って?
まぁ、いいんですけどね。もう番組も終了だし。

という事で、相変わらず「B面で恋をして」なワタシです。

PS.いやA面もいいんですよ。彼の曲で、他のひとの曲と並べて聴いても違和感が無いというのは結構珍しい事。それだけポップになった、ということですよね。

PS2.もしかしたら、「沖縄」行っちゃうかも。


|

« サラリーマンNEO | Main | ハズレ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79169/5575626

Listed below are links to weblogs that reference 熱湯公使苑:

« サラリーマンNEO | Main | ハズレ »