« 寒中見舞い | Main | ハウル・・・ »

January 18, 2005

鳴らない電話

誰かの声が聞きたくなる。
でも、誰に。

相手は決まってこう言う。だろう。
「どうしたの?」
どうって。話したい事なんて、別になにも無いのだけれど。

でも、まあ、と適当な話題で繋いで、お決まりの近況の探りあいをして。

電話の向こう側には、皆それなりの事情があって、それなりの理由があって。それで、なんとなく電話を切るきっかけを探していて。

お互いの折り合いがそれなりについたところで、じゃ、と。

で、何が満たされるわけでもないし、何も満たされることはない。

だから、誰でもいいし、誰だって同じだし、掛けなくたって同じだし。

だから、そんなときは結局何もしないで、
電話を掛けるふりでもした後に、寝てしまおうと思うのだ。

|

« 寒中見舞い | Main | ハウル・・・ »

Comments

詩人だねぇ。やっぱアンタは文才があるよ。
俺なんてそんなこと思ったことも無いわ。


あっ、ピンポーン!ごめん、もう家に着いたから…

Posted by: | January 19, 2005 at 10:33 AM

↑俺様

Posted by: 俺様110105 | January 19, 2005 at 11:53 AM

キミのおかげでいい詩が書けたよ!ありがとう(毒)

Posted by: | January 21, 2005 at 12:40 AM

詩人入ってますね。わしはおとといの新年会で飲みすぎて廃人になるますた…(^_^;)

Posted by: きくりん | January 22, 2005 at 08:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79169/2706129

Listed below are links to weblogs that reference 鳴らない電話:

« 寒中見舞い | Main | ハウル・・・ »