« November 2004 | Main | January 2005 »

December 31, 2004

弐〇〇四最終日

大変ゴブサタしてしまいました。

妹が無事退院してホッとしたのも束の間、入院していた祖母が急逝し、非常にバタバタした年末となってしまいました。年賀状を送ってくださった方、お返事は出来ませんが、後で寒中見舞いという形でお礼を致します。宜しくお願い致します。

寒中といえば、この大雪は一体なんなんでしょうか!?20cmはかるーく積もってるんですが。南東北(笑)栃木とはいえ北埼玉でもある(?)小山市。ここで今までにこんな勢いで降り積もった雪を見たことないですよ・・・。今日は地元の旧友と呑み→麻雀で年を越す予定だったがこりゃ無理だなぁ・・・。仕方ない大人しくGT4をツマミに部屋に籠りますかな。GTフォースも買っちゃったし♪

というか、喪に服せって・・・(^_^;

ともあれ今年もいよいよオシマイ。
来年はもっと楽しい話題でバタバタしたいものですな。とりあえずは8日のシカヲライブ@宇都宮・・・ってなんでこの日に某銀行の打合せなのっ!?しんじらんなーい!いや、行きますけどね。ライブに。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 19, 2004

祝杯前夜

乾く・・・。

妹の入院により始めた酒断ち生活もはや一ヶ月。この間に誘われた呑み会では、隣のヤツが美味そうに喉を鳴らしてビールをカッコむ姿を恨めしく眺めつつウ-ロン茶を飲み続けました。お酒が飲めない人が呑み会がつまらないと思う気持ちがよーく分かりました。だって酒のメニューは色々あるのに、ソフトドリンクはウーロン茶かオレンジジュースしかないなんて店もあったもの。味気ねぇー。

夕飯に出てきたトンカツ・餃子・から揚げ。これでビールが飲めないのはホントに拷問ですよ。ホトバシル欲望にシタタリ落ちる唾液。崩壊寸前の理性と幾度闘い続けたことか。その結果通常の数倍の量のウーロン茶コーヒーの摂取によりトイレに行きまくりました。

どぉーしてもガマンならんときはウィルキンソンのドライジンジャエールにライムを入れてしのぎ、なんとか今日まで頑張って参りました。

しかしそんな日々もついに明日で幕を閉じます。ついに妹の退院が明日となったのです!

ばんじゃぁーいっ!!
明日は宴じゃ!痛飲じゃ!酩酊じゃ!昏倒じゃ!うほほーい♪
まずは入院直前に冷蔵庫一杯に買い貯めてあったドラフトギネスで乾杯!
クリスマス用にと買っておいたヴーヴクリコも空けちゃおかなぁー♪


・・・妹の退院より、解禁の喜びの方が先行してないか?>オレ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2004

近頃観た映画など

この時期はこのラジオサイトで勝手に気分を盛り上げてます。こーゆーの聴くと、日本のクリスマスソングってホントにウスッペラーイって感じるなあ。

そして、この時期は是非とも東京ゴッドファーザーズを観て盛り上がっていただきたい。映画として観てやっぱり素晴らしい。ジャパニメーションの一つの完成形がこれでしょう。これをアニメでやるかって意味で。トムハンクスが実写化したいと言ったとか言わないとか。

以上!
・・・で終わりにしたいところですが、書きかけみたいのがかなり溜まってたので今回は蔵出し大処分。

SAW★★★
メメント、CUBE、フォーンブース。アイデア一発、シチュエーションのネタ一本で最後まで貫く映画は基本的に大好きです。だからコレも結構期待して観に行ったんですよ。でもダメでした。もっと密室での心理戦みたいなものを期待してしまったからでしょうか。外野の話が多くて緊張感が無かったのも残念。

オールドボーイ★★★★☆
同じ監禁ネタでも、こっちのが断然深くて重かった。復讐する男の物語は数多あるが、復讐される男の物語というのが、面白い。そしてその壮絶な復讐方法。監禁は復讐でなく、本当の復讐への準備段階にすぎなかった・・・すげえオチ。こんな虚無感と興奮とが入り混じった感覚は「セブン」を観たとき以来かも。相変わらず韓国映画のホトバシるエナジーには驚くやら呆れるやら。役者も演出も展開も余りにも濃すぎるから、ダメなひとはまったくダメ。でも自分はかなり好きです。もはや日本じゃこんなの絶対無理だよなぁ。

花とアリス★★★★
世界には誇れないけど、日本人にしか分からないネタや空気感にニンマリできる。ストーリーがあるようで、ないようで、なのに、なんか許せるのもいい意味で極めて日本的。杏ちゃんって素もあんな感じなんだろうなー。

恋の門★★★★
世界に誇れる?ヲタク文化を世界に発信する意味では興味深い(外の人が観てね)けど日本人がまた勘違いされそうな予感もハラんだデフォルメ具合。酒井若菜が胸デカくてびっくらこ。そういえばそっち系のひとだったんだよね。そういえばとなり町出身だったんだよね。松尾スズキとの濃厚接吻にもびっくらこ。サンボマスターが本格的に好きになりそうなヨカーン。

| | Comments (140) | TrackBack (0)

December 13, 2004

シカオTIME二回目

どうしても、シカオのことは構えてしまいがちで筆が重くなるので、軽くさらっと書きなぐります。

実際、かなり聴いてます。多分SMILEよりも高いペースで。すんごいフックを持った曲はないけど、聴くほどに耳に馴染む音、聴きこむほどにハマる一枚。に、なるだろうという予感は、一番最初から感じていたけど、まさかこれほどまでとは・・・

いちばんしっくり来るのは車中。流れる景色を眺めながら。車に持ち込んで以来、他のCDに差し替える事皆無。車持ってないやつは、車を買ってでも!無理やりに知り合いの車に持ち込んででも!というほど激奨。

全体的にモタれた感じが無いのは多分、メロディ=感情のピークレベルを抑えた作りだからか。そして今回は、某バンマスの人があまりデシャバって無いのがいい。いや別に彼が嫌いなわけじゃないけど、ライブならまだしも、彼のアドリブがアルバムの中にもシャシャリ出てくると、さすがに食傷気味って感じだし、作品性自体が薄まってしまう気がして・・・

前半3曲の流れは本当に素晴らしい。この3曲でマキシシングル切ってたら、何十回でもル-プさせるだろうなぁ。かつての黄金の月のマキシみたいに・・・。

相変わらず扱うテーマは大きく外れる事は無い。「父」「母」「別れ」といった言葉を頻繁に使っている。またかよ、とは思わない。なぜか言葉の選び方に違和感がない。

いまのところは「カラッポ」かな・・・。言葉が鋭い。こういった言葉の羅列の仕方は最近やらなかったような気がするけど、やっぱり好きです。佐野元春に通じるものが。やっぱり、意識してるのかな。

後半の「June」と「あくび」も相変わらずイイです。どちらも軽めのアレンジと力の抜け具合が。そして聞くほどに歌詞が印象的で。特に「それでいいと思う」これオレ内最強。

でもやっぱり「クライマックス」だけは・・・。ホーンも無駄に五月蝿くなってるし・・・(^_^;


時間ができたら、気が向いたら、3回目。
というか、全曲紹介、更新しなきゃ。・・・だれも見てないけどね(^_^;

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 10, 2004

鼻ダダモレ

いうなれば、滝です。

というわけで鼻セレブ超ほすぃー!

そう思いマツキヨに寄って、箱を手に取る。1箱250円。・・・ふーん。そしてレジに向かおうとしたそのとき、ふと。となりにある5箱パックのティッシュ。298円。

げげぇ!!

実はスゴーイ高級品なのね・・・。
臆したワタシはパックを買うかセレブを買うかで迷った挙句、何も買わずに帰ってしまった。だってだって、セレブだけ買ったら、明らかに鼻ピンチだということがバレバレぢゃーん!!

・・・なにが言いたいかというと、もう寝る!ってこと。えぇ。そうです。更新されない我頁に関するイイワケです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 06, 2004

ネタ(以下)4題

1年ほどガマンしていましたが、土曜日の朝のJ-W△VEに玉チャンはどぉーしても馴染めないのは私だけでしょうか?やっぱりウィークデーの夜のN△CK5が分相応だと思うんですが、どうでしょうか?(関東限定ネタでスミマセン)

波田陽区トムヨークはなんか関係あるんスか?無いんスか。そうスか。残念ッ!!

間違いない!もハッスルハッスル!!も残念ッ!!


最近、朝メシを食べると胃もたれが昼頃まで続くのですが、もう朝から菓子パン食べてる歳じゃないだろ!って事なんでしょうか?

あ、あと、最近やたらとヒゲが伸びるのが早い気がするんですが、これって男性ホルモンが多めに分泌されてるって事なんでしょうか?オサーン化の前兆でしょうか?というかハゲの前兆って事でしょうか?

いやああぁぁーッ!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 03, 2004

生還報告

妹の手術が無事終了しました!ばんじゃーい!

集中治療室から一般病棟に戻ってきたのでとりあえずひと段落であります。後は本人の回復力次第なのですが、ひとによっては入退院を1年くらい繰り返したりもあるらしいので、まだまだ予断は許せません。(今日は看護士のミスで付けてた管が突如外れるハプニングが。おぃーっ!!下手すりゃ死ぬぞホントに・・・頼むぜ)

私の酒断ちも退院までは終わりません・・・しかし!本人は目指せ年内退院を高らかに宣言しておりますので、ぜひ、自分のため、そして私のためにも頑張って頂きたい!そして退院の喜びを一緒に分かち合うのだ!そして浴びるほど呑むのだ!そして酩酊するのだ!昏倒するのだ!そしてそのまま謹賀新年ガショーン♪と参りたいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »