« ヤフオクトラブル(続き) | Main | 新潟震災 »

October 21, 2004

ヤフオクトラブル(終り)

うがーっ!!
気が付けばもう一週間・・・ちょっと個人的にバタバタ&低調だったもので。答えを待っていたひと、スミマセン。別に3回も引っ張る程のネタでもなかったのに・・・しかも出てきた答えが「答え」と言えるものでもないし(爆)

とりあえず、前回からのおさらいを超簡単に。
「ネットでバイクを落札し、入金した買主が品物を取りに来ないまま、車検が切れた。買主から取り消しを求めてきた。取りに来ないバイクはどう扱えばよいか?」

これに対しての答えはズバリ!
・・・ズバリ?といえるほど自信がないのですが・・・

「バイクを供託する」というのが私の出した答えです。

きょうたく?供託ってなんじゃらほい?
知らなくて当然です。一般的にもほとんど知られていない手続です。簡単に言うと、法務局という公の機関を通して、取引の対象になる物やお金を当事者に代わって預かってもらうという手続の事です。

なんのために供託という手続をするのか?
これは今回のようなケースや、借家の家主が一方的に家賃を値上げした場合に新たな家賃でないと受け取らない、など相手方が金銭や品物を受け取ってくれない場合に、紛争解決までの間に一時的に供託し、こちら側の支払い義務を免れるために行われる事があります。逆にここで供託をしておかないと、支払い義務を果たしていないという事で、後日相手側から利息や損害金を請求されることになりかねません。

供託所は指定された法務局にあり、そこに行って供託手続をするのですが、金銭はともかく、バイクのような大きなものは実際には供託所では預からないと思います。その場合は、供託所が指定する保管場所に保管するということになりますが、結局は売主のガレージが保管場所となる事が多いようです。

今回の場合に供託をする事で考えられるメリットとしては①こちらが適法に準備した品物を、相手に渡したいのに受け取らなかった(取りに来なかった)という事実についての証拠となる。②こちらが供託をした事についての通知が法務局から相手方に届く。この2点にあります。

前回、買主が「バイクを取りに行ったのに渡してくれなかった」等と言ってきた場合の話をしましたが、供託をしておけば売主は「いや取りに来なかったから供託をしたのだ。証拠はこの供託書」と反論することができるのです。また、買主の受領遅滞の時期が明確となるので、逆に買主に保管費用を請求する根拠にもなるでしょう。ただ、相手方にさらに保管費用を請求したところで、いたずらに事を荒立てるだけですし、実際に裁判になることは今回は可能性としては低いと思います。

むしろ今回で期待したいのは、②供託による通知による心理的効果です。裁判するほどの費用も手間もかけられない今回のようなケース、かといって当事者でメールや電話でお互いの主張を繰り返していても、ラチが明かないでしょう。そこで、供託通知という公の機関からの通知で相手方にこちらの「本気」をアピールすることで、解決の糸口になれば、と。・・・ちょっとエグいですか?(笑)まぁ、あくまでこんな方法もあるよ?程度の話ですから、本気で行動されて上手くいくかと問われると困ってしまうのですが・・・(^_^;

結局のところ、バイク自体については最終的には当事者で引渡しの前提として仮ナンバー及び車検手続を行なうしかないのです。言葉で言うと簡単ですが、これに感情的なものが重なって必要以上に面倒な問題になってしまう。なるべく冷静になって根本的な解決を図るしかないわけです。

ちなみに、オークションサイト側としては、余りにも悪質な場合だと、問題会員として登録を抹消するくらいの対応はしてくれるとは思いますが、損害賠償とかの問題は当事者間での話ということで、ほとんど対応してくれないと思います。

まぁ、結局のところ一番の予防策は、
余りこのような顔の見えない取引を軽々しく行うものじゃない!
という事ですな・・・。

つまらない話でしたが、長々お付き合い頂きましてありがとうございました!次からはうんと軽ーい話にしよう!

|

« ヤフオクトラブル(続き) | Main | 新潟震災 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79169/2706102

Listed below are links to weblogs that reference ヤフオクトラブル(終り):

« ヤフオクトラブル(続き) | Main | 新潟震災 »